オルタナティブ・ライフ

人生にはもっと別のカタチがある!

人の役に立つことではなく、まずは自分の役に立つことをしよう

こんにちは。

仁です。

 

僕はSNSが苦手です。

リアルで人見知りなうえ、ネットの世界でも人とのつながりが苦手です。

(嫌いとは言ってない)

 

フォロワー数やいいねの数が、自分の人間としての価値を表しているようで

他人と比較して絶望的な気持ちになるからです。

もちろん、そんなものは幻想にすぎないことは頭では分かっています。

でも、必死でフォロワーを増やしたりいいね欲しさに行動する人の気持ちも

分かります。

 

僕はその葛藤がきもちわるくてどうしてもSNSから遠ざかりたくなってしまう。

 

人気のある人には大きく分類して2種類あると知りました。

ひとつは「メリットがある人」ひと。

もうひとつは「人望がある人」ひと。

 

前者はSNSでフォロワー数やいいねをたくさん稼ぐひとですね。

常に人をおもしろがらせたり、得する情報を提供する人です。

ネットの世界とは相性が良いですが、何もメリットを提供できなくなると

すぐに見放されるといった不安定な状態にあります。

 

後者は一見、他人をふりまわす自由な変わり者に見えるけれど、

困ったときに何も言わなくても多くの人から助けてもらえるタイプです。

交友範囲はせまいけれど、損得勘定ぬきに付き合えるため強固な関係を

築くことができます。

 

僕は根っからの人見知りで人間関係が得意でないため、結局いまも

友人としてつきあいがあるのは後者のタイプばかりです。

友人は少ないけれど、何があっても損得関係なく助け合える人がいると

いうことは、ダメ人間の僕が前向きに生きられる理由のひとつです。

 

きっと「人の役に立つことをしなさい」というのは何か間違っている。

 

僕らが今本当にやらなければならないのは「自分の役に立つこと」

なのだと思う。

ネットの向こうの見知らぬ人間のためではなく、自分のために時間と

労力を使おう。

 

人生にはもっと別のカタチがある。