オルタナティブ・ライフ

人生にはもっと別のカタチがある!

遊ぶことにこそ未来があるのだ

こんにちは。

仁です。

 

僕は今、IT系のエンジニアとして働く傍ら、

ライフワークとして着物の制作やリメイクを行っています。

 

今の時代、一人で黙々と着物を作ったってお金になるわけではないし

たとえ売ることでお金を得られたとしても、お針子さんになりたいとは

思っていません。

 

ただ単に、自分が欲しいと思った着物を自分の手でかたちにできる

というのがとても楽しいんですね。

 

きっとこういった「遊び」にこそ未来があるのではないかと

考えています。

 

僕は特に誰かに頼まれて着物を作るわけではありません。

単に、くだらないアイディアを思いついてはそれをカタチにするのです。

 

生地を探すところからはじめて試行錯誤しながら

縫ったりほどいたりして仕上げていく。

 

そして自分で作った着物を着て出かけると、下町のおじちゃん

おばちゃんたちが声をかけてくれる。それも楽しい。

(若い人はジロジロ見るだけで声をかけてくることはありません。)

 

ある程度上の世代になるとたいていの女性は着物や浴衣を縫える

ので、「あら私も昔はずいぶん作ったのよ~」なんて言われれば

「じゃあ今度教えてください」なんて返してちゃっかり家に遊びに

行ったりもします。

 

僕は本来けっこうなコミュ障なんですが、好きなものに関しては

なぜかリミッターが解除されるんですよね。

みなさんもそういう経験があるのではないでしょうか。

 

世の中の仕事は、そう遠くないうちに人間がやらなくても済む

ようになっていきます。

全ての仕事がそうなるとは言いませんが、けれど今だらだらと

言われたことだけをやっているような人の仕事はもうAIに任せれば

いいとみんなが気付きはじめています。

 

もし仮に、すべての労働から人類が解放されるとして、

僕はいったい何をするだろうか。

 

きっと、黙々と変な着物を作ってはニヤニヤしているでしょう。

 

なんだか話がまとまらなくなってきました。

今日はこれでおしまい!

 

人生にはもっと別のカタチがある。