オルタナティブ・ライフ

人生にはもっと別のカタチがある!

引きこもりニートを脱出してからが本当の勝負だ

こんにちは。

ダメ人間のまま楽しく生きたい!ブロガーの仁です。

 

僕は以前、心のバランスを崩して仕事を辞めて引きこもりニートになりました。

そこからどうやって社会復帰するに至ったかはおいおい語るとして。

 

僕が一番実感したのは、引きこもりニートから脱出してからが本当の勝負だ

ということです。

 

引きこもりニートを脱出してから最初の仕事は家族経営の小さな会社でした。

社員(役員も含む)は経営者の親族プラス僕だけ。

 

今となっては笑い話ですが、会社が夏休みに入る前日に「休み明けまでに

ビルの内装なおしておいて」と言われ、なぜか僕だけ夏休みなしでした。

しかも予算がないから業者を使わずにすべて自分でやれってどういうこと!?

 

引きこもりニートから脱するときは、

なかなか余裕をもって仕事を選ぶことが難しいと思います。

主に精神的な問題で。

 

だからこういった理不尽な企業に遭遇しがちです。

 

でも、ここで心が折れて「やっぱり俺には働くなんて無理なんだ」と

また引きこもりニートに戻ってしまうのは残念すぎますよね。

 

僕は、引きこもりニートを脱してから経験するいくつかの仕事は

あくまで社会に復帰するための踏み台に過ぎないと考えています。

 

そう、社会復帰するはじめての仕事が一生の仕事ではないんです!

その仕事は踏み越えるものなんです!

俺は一生ここでこき使われて終わるんだなんて思わないでください!

 

引きこもりニートからの脱出をはたしたけど今の仕事がキツい、

会社が合わないと思っているなら、それは次のステップに進む合図です。

 

僕はこれから社会復帰後3社目にチャレンジするところです。

正直、自分の市場価値がどれくらいかわからないので

今回は転職エージェントに相談してみようと考えています。

 

元ひきこもりニートって自己評価が異様に低いので、

相場よりも低い給与で社会復帰するケースが多いんじゃないかな。

 

それを察知してあからさまに給与を値切る会社もありますからね。

 

勇気を出して専門家の力を借りてみようと思います。

 

人生にはもっと別のカタチがある。